子供の落ち着きがない!集中力がない!とストレスいっぱいのママさん

 

当サイトに訪問ありがとうございます。

 

まずはじめに自己紹介させていただきますね。

 

小学生の娘の落ち着きがない!集中力がない!と悩み続けた30代主婦の心とです。

 

うちの子もね、落ち着きがなく、集中力もなく、周りの子達からもかなり迷惑がられていたんです。

 

落ち着きがない子供の集中力アップ

 

忘れ物も多いし、整理整頓ができないなど、気づいたのは小学校入学後でした。

 

体験談は↓で読んでいただくとして(笑)

 

落ち着きのない子供だった私の娘は、今では…

  • 集中力がついた
  • 仲の良い友達が増えた
  • 授業中も落ち着き、勉強するようになった
  • 習い事も楽しく続けている

ですっ!(´▽`) ホッ

 

旦那、両親、義両親も喜んでくれています。

 

家族でお出かけしても、本当に良い子でいてくれるので可愛くって仕方がありません!

 

当サイトでは、私のように悩んでいるあなたに落ち着きがない子供の原因や対処法、落ち着きがない子供だったうちの娘が簡単に改善した方法をお届けしていきます。

 

あなたが一日も早く、落ち着きがない子供さんの問題を解決して、家族で、笑顔で楽しい毎日を送れるようになる事を願っています!

 

落ち着きがない子供だったうちの娘が簡単に治った方法はこれ!

 

Menu []

 

落ち着きがない子供、集中力のない子供は性格?病気?その見分け方

落ち着きのない、集中力のない子供は性格なの?それとも病気?
落ち着きがない子供は性格か病気か
自分の子供が大きくなり、保育園や幼稚園に行ったり、地域の子供会等に参加したりした時…、「どうしてうちの子供は落ち着きがないの?」と気になるのは珍しくありません。

 

落ち着きがないのは個人差や個性の違いはあります。

 

病弱だったり大人しいということでない限り、子供の頃は基本的にいつも走り回り、落ち着きがないのが当たり前と考えるのが普通で、昔はその考えが主流でした。

 

しかし、今は一部の落ち着きのない子供に発達障害が認められるようになりました。

 

世の中に広く知られるようになったので、まだ小さい子供でも落ち着きがない場合、性格なの!?病気なの!?と悩んでしまうママさんパパさんが増えてきました。

 

ここでいう病気、発達障害とは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)と呼ばれるものです。

 

子供全体では、数%がこの障害を持っていると言われているようです。

 

発達障害の一つであるADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)の子どもは、学齢期で3~7%といわれています。30人の児童がいるクラスであれば、ADHDの子どもは1~2人いる計算になります。
また、海外の報告によると大人のADHDは人口の2.5~4.4%、日本国内での調査によると1.65%といわれており、決して珍しい病気ではありません。

ADHDナビ

 

これはもちろん性格ではなく小学生になっても、親や学校の先生が手に負えないくらい集中が続かず、落ち着きがなく多動であるのが、大きな特徴の1つです。

 

注意欠陥の症状
  • ごく短時間でも集中力が切れてしまう
  • 人の指示に従えないか理解出来ない
  • ミスが多い
  • 人の話を聞いていない様子をしていることが多い
  • 人間関係が構築出来ない
  • 集団行動が出来ない
  • 忘れ物が多く整理整頓が出来ない

といった例があげられます。

 

多動の症状
  • 落ち着きがない、中々じっとしていられないか苦手
  • 座っていられず直に席を立ってしまう
  • しゅっ中手足を動かしている

等の例があげられます。

 

衝動性の症状
  • 最後まで人の話を聞けずに遮って話を始めてしまう
  • すぐ人にちょっかいを出す
  • 順番を待っていることが出来ない

等の例があげられます。

 

このような落ち着きがない様子は普通の子供でも小さい内はよく見られます。

 

落ち着きがない子供さんが、未就学児の場合はさほど心配の必要はないです。

 

子供が落ち着きがないのは、平均すると8歳前後には落ち着くと言われています。

 

個人差はありますが、この年齢以降もこうした落ち着きのない行動が顕著であれば、その子にはADHDの疑いが強いと言えます。

 

実際にはこの落ち着きがない行動はもっと低年齢でチェックされることもあるようですが、発育の個人差と考え、グレーゾーンとして捉えられています。

 

もちろん大きくなって、これらの落ち着きのない傾向が残っているとしてもADHDであるとは限りません。

 

落ち着きがない子供、集中力がない子供の原因

落ち着きがない、集中力のない子供の原因とは?
落ち着きがない子供の原因
落ち着きがない、集中力がない子供の原因を見ていきましょう。

落ち着きがない子は好奇心が旺盛

落ち着きがない子供の原因その1として「好奇心が旺盛」が挙げられます。

 

落ち着きのない、小さな子供の脳は未発達なので、大人のように上手く感情をコントロールすることが出来ません。

 

特に年齢の低い落ち着きがない子供にとっては大人には当たり前のことであっても、どんなことも新しい出来事と同じです。

 

好奇心が湧き上がってきて、あちこち動き回ったり、興味のあるものに何にでも触ろうとして、落ち着きのない行動をしてしまいます。

 

落ち着きない行動は、旺盛な好奇心を満足させるための行動でもあり、大人が止めようとすると癇癪を起こしてしまう子供もいます。

 

親の立場としては子供が危険な目に遭わないか、その場にいる人たちの迷惑にならないかと気が気でないという気持ちの方が、先に立ちがちになるかもしれません。

 

しかし、好奇心旺盛という事は知的欲求に溢れているということでもあり、そのおかげで様々なことを学ぶチャンスが与えられてもいるわけです。

 

好奇心を持つことは、むしろとても良いことです。

 

落ち着きのない子供の好奇心旺盛はむしろ良い事

 

好奇心の赴くままに行動をしていれば、子供はそれだけ自分の好きなものや得意なものを見つけやすくなるとも言えるのです。

 

親も子供の好きなものや得意なものがわかれば、子供の長所を伸ばすことが出来るでしょう。

 

普通の子供ですと特に好奇心の旺盛な、落ち着きのない時期は、成長するにつれて少しづつ減っていくと言われています。

 

その一時期だけは大変でも、この落ち着きの会行動を温かい目で見守ってあげることが大切です。

 

自制出来るだけの年齢になるまではじっと見守る気持ちが大切です。

 

落ち着きのない子供を温かい目で見守る

 

どうしても子供に落ち着いて欲しい理由があるなら、おもちゃなどが目に入らない工夫をすると良いでしょう。

 

特に好奇心の旺盛な時期というのは1歳~2歳の間位と言われています。

 

この時期の好奇心の旺盛さ、落ち着きがないのはごく普通のことであり、何も心配する必要はないと思います。

 

人一倍好奇心が旺盛であることは心配の種になるどころか、とても良い傾向だからです。

 

今は落ち着きがない子供でも、成長し学校に入学・勉強をしていく時、何か新しいことに挑戦していく時、強い興味を持つ、つまり好奇心が旺盛な事が必要になります。

 

好奇心は子供にとって大きなステップアップのチャンスを得るための入り口になるということです。

 

落ち着きがない子は遊びたい気持ちが抑えられない

落ち着きがない子供の原因その2として「遊びたい気持ちが抑えられない」が挙げられます。

 

落ち着きがない子は常にエネルギーに満ち溢れています。

 

1日中でも遊んでいられるほど、落ち着きがない子供もいます。

 

食事等をしていても、食べ終わらない内に遊びたがる子供もいます。

 

それを落ち着きがないとしまうママさんパパさんもいると思います。

 

遊ぶのが子供の仕事だという言い方もあります。

 

落ち着きのない子は遊びを通して今後の人生に必要な経験を積んでいます

 

落ち着きのない子供は遊びたい気持ちが抑えられない

 

それを大人の考えや都合で制限するのは良くないということも言えます。

 

積み木を高く積み上げられれば、それはその子供の成功体験となり、崩してしまえば、人生は思い通りにならない事もあると学んでいるチャンス。

 

ママゴト一つとっても、子供なりに役割分担をし、時々意見がぶつかることがあります。

 

話し合いなどをして1つ1つ問題をを解決していく事で、社会で生きていくためのマナーやルールを学ぶことが出来るはずです。

 

大人からみるとただ遊んでいるようにしか見えなくても、子供は遊びながら多くのことを学んでもいるんです。

 

子供は色々な遊びをすればするだけ、楽しみながらも多くのこと学んでいくことにもなるわけです。

 

自分の子供が遊んでばかりいる、落ち着きがないと心配をするのではなく、多くの学びの場が与えられていて、そのチャンスは何にでも見出だせると考えれば、気持ちはかなり楽になるでしょう。

落ち着きがない子はストレスが溜まっている

落ち着きがない子供の原因その3として「ストレスが溜まっている」が挙げられます。

 

子供もある程度の年齢になると、勉強や習い事を始めたり友だち付き合いをするようになります。

 

子供なりに自分の社会を持つようになるため、それに伴いストレスにさらされるようになります。

 

落ち着きのない子供の原因 ストレス

 

強いストレスを感じることは大人であっても訳もなく不安になってしまうものです。

 

大人のように上手にストレスの発散が出来ない子供が、ストレスが原因で、落ち着きのない行動をとってしまうのは無理もないことなのです。

 

  • 子供が急に大声を出す
  • 癇癪を起こす
  • おねしょ・おもらし

といった場合、何らかのストレスが溜まっている可能性があります。

 

落ち着きがない子供の様子をよく観察し、話を聞いて、子供のストレスの原因になっているトラブルの解決をサポートしてあげることが大切です。

 

落ち着きのない子供の原因が「ストレス」の場合、対処が遅れると深刻になるケースもあります。

 

以下は想定できるケースです。 (必ずしもそうであるとは限りません。)

  • 小児心因性難聴(小中学生女子に多い)
  • 過食症・拒食症
  • じんましん
  • 歯ぎしり
  • 夜驚症(幼児期~小学校低学年)
  • 風邪が長引く
  • 吃音症状(どもり)
  • 視力が急激に低下
  • チック症状

大人と比較すると脳が発展途上である子供は、ストレスによってキレやすくなり落ち着きのない行動がエスカレートしやすいです。

 

GW明けや夏休み明け、年末年始の休みが終わって新学期を迎えた途端、ストレスが原因となる、幼稚園への登園拒否や小学校や中学校への登校拒否になってしまう子供もいます。

 

その他にもストレスによる腹痛や周期性嘔吐症(自家中毒)や頭痛を訴える子供もいます。

 

子供のストレスは落ち着きのない行動に留まらず、多くの症状に発展する可能性があります。

 

落ち着きがない子供の原因ストレスは早めに取りのぞく

 

子供が強いストレスを感じているとわかったら、早目に取り除いてあげるようにしましょう。

 

落ち着きがない子は愛情が足りていない

落ち着きがない子供の原因その4として「愛情が足りていない」事が挙げられます。
落ち着きがない子供 愛情が足りない

 

子供は特に小さい内は人一倍愛情を欲するものです。

 

大好きな人の関心を引きたいと思ったり自分のことを構って欲しいといった場合に、大人の注意を引くために落ち着きのない態度や行動をとったり、暴れてしまったりすることがあります。

 

そうした傾向は兄弟姉妹が生まれたり、親の不仲等家族関係にトラブルがあった場合に起きやすいとされています。

 

子供の中で愛情に対する飢餓感が高まって不安になり、突飛な行動、落ち着きのない行動に出てしまう場合もあります。

 

子供の周囲で環境の変化があった場合は、子供の心のケアも忘れないようにしてあげてください。

 

大人からの愛情不足からくる強いストレスは、子供が自分の居場所を見失い、キレやすい等の怒りの行動に向きがちになります。

 

家庭内の平穏は子供の健やかな成長には欠かせないことです。
落ち着きのない子供には家庭の平穏が一番

 

大人同士でトラブルがある場合でも、改善に向けて努力をしていくことが大切なのです。

 

母親が家事や自分より小さい子たちの世話や仕事等で忙しいのを見て、母親が自分のことを見てくれていないのではと不安になって寂しがり屋になるものです。

 

母親に抱っこをせがんでくるようなときは、そうした心境になっている考えて間違いないでしょう。

 

爪噛みや指しゃぶり等をしている場合も、子供なりに愛情不足を感じている証拠です。

 

落ち着きのないお子さんを責めるよりは子供への接し方を変えてみる必要があると思われます。

 

親に甘えられない時は別の大人に甘えようとする場合もあります。

 

おねしょや夜泣きをしたり、何でもムキになって自分でやろうとする等の行動をとったりします。

 

落ち着きのない子の行動を表面的に捉えるのではなく、その行動に隠された子供の真意をまず理解することが大切です。

 

落ち着きがない子供、集中力がない子供への接し方

落ち着きがない子供、集中力がない子供の原因が分かった所で接し方を見ていきましょう。
落ち着きがない子供の接し方
落ち着きがない子供への接し方として3つお伝えします。

落ち着きがない子には分かりやすく伝える

落ち着きがない子供へ接する時は、子供に分かりやすい言葉でコミュニケーションを取ることが大切です。

 

子供が落ち着きのない行動をとっても、屋内で遊んでいれば大人の目も届きやすく、余程のことがない限りは問題は少ないと思います。

 

しかし屋外である場合は危険を伴うこともあります。

 

活発でよく遊ぶ子供は沢山の遊びを経験していく中で何が危ないを学んでいると思われます。

 

それらの経験に基づいて何が怖いと思ったかを子供から聞き出す必要があります。

 

例えば怪我をしてしまった時は、「危ないから、もうその遊びは止めなさい」とは言わないようにしましょう。

 

何故怪我をしてしまったのかを考えさせ、あくまでも本人が気付くまで辛抱強く待ち、子供が正しい答えを導き出しのを待ちます。

 

落ち着きのない子供には分かりやすく伝える

 

子供が導き出した答えに同意してあげた上で、子供にもわかる言葉で短く簡潔に、どのようなことに気を付けて遊んだら良いかを、一緒に考えていってあげることが1番大切になると思います。

 

子供が何かをやり出すまでに、危ないからと何でも止めさせるというリスク回避の方法は、自分で考えて判断出来ない子供に育ってしまう可能性がありますので、極力注意をすしてください。

 

子供が落ち着きがない行動をとったとしても、遊びの場は子供の絶好の学びの場でもあると考え、どうしても必要な時だけサポートをしてやり、必要なことだけを伝えるようにしましょう。

 

落ち着きがない子には感情的にならず精神的に安心できる環境をつくる

落ち着きのない子供には、感情的にならず安心できる環境を作ってあげましょう。
落ち着きのない子供には感情的にならない

 

子供の落ち着きのない行動は精神的ストレスも要因となります。

 

あまりきつく叱りすぎたり、イライラして子供に当たってしまうと子供のストレスの原因となります。

 

これが子供の落ち着きのない行動の要因となりますので、できるだけ落ち着きのない子供に安心感を持たせる環境を作ること大切です。

 

それには感情的に叱ったりせずに、できるだけ子供の良いところを褒めて伸ばしてあげるような態度で接しましょう。

 

落ち着きのない子の話を良く聞き、子供の悪いとこを受容する態度が大切です。

 

多動的、落ち着きがない行動をとったり、パニックを起こしたりするのは、親の接し方に愛情が感じられないからだということも言われます。

 

まずはご両親が愛情ある態度で子供に接することが、落ち着きのない子の安定的な精神的成長を促すことになります。

 

落ち着きがない子に何度も教える・注意する

落ち着きのない子供には何度も教える
うちの子はダメだ、できない、叱っても聞かないとあきらめてしまう人もいますが、何度でも粘り強く教えていくことが大切です。

 

なかには多動的な、落ち着きがない行動にどう対処してよいかわからず放置されている方もいますが、できるだけ社会のルール上よくない行動をとった時は、厳しく叱ることも必要です。

 

社会的なルールが守れないと学校へ入ってからの問題行動にもつながりますので、厳しく、そして何度でも教えていきましょう。

 

悪いところは受容することが大切だとお話しましたが、しつけや社会のルールは別で、ある程度厳しい態度を持つことが大切です。

 

落ち着きがない子供、集中力がない子供への対処法

落ち着きがない子供、集中力がない子供への対処法を2つご紹介します。
落ち着きのない子供への対処法

 

落ち着きがない子供さんへの接し方を改善していくのと同時に、あなたにできることが2つあります。

落ち着きがない子供用サプリメントの活用

落ち着きのない子供に効果のある子供用サプリメントを活用してみませんか?

 

今は、「落ち着きのない子供」、「集中力のない子供」に対するサプリメントというものが存在しています。

 

ADHDであってもなくても、効果があると言われている成分に「ホスファチジルセリン」と言うものがあります。

 

ホスファチジルセリン

 

ホスファチジルセリンが配合された落ち着きのない子供向けのサプリメントは、多くのメーカーが出しています。

 

例えば、「コドミン」

 

コドミンはビタミンB1を含む栄養機能食品であり、次のようなお子さんに効果があるとされています。

  • 落ち着きがない
  • いくら注意しても言うことを聞かない
  • じっとしていられない
  • 突発的な行動をとりやすい

スムーズな情報伝達に役立つ大豆由来のホスファチジルセリンの効果によって、子供の落ち着きや集中を徐々に促し、衝動性も抑制していくことが可能になります。

 

とはいえ、落ち着きがない子供用サプリは薬ではありませんので即効性や劇的な改善効果はありません。

 

これでも落ち着きのないお子さんの行動の改善が見られないようであれば、専門機関への相談がベストです。

 

専門機関に相談

落ち着きがない、集中力がない子供の原因はこちらの記事を参考にしてください。

 

落ち着きがない子供の原因記事を読んでいただいたと仮定して…

 

これらのことが落ち着きがない原因である場合は、成長に向けたプロセスとポジティブに捉えることもできます。

 

物の見方を変えるだけで気持ちが切り替えられたり、適切なアドバイスをしたりすることもできます。

 

家庭内でも十分に対処できます。

 

しかし…

  • どの原因にも思い当たる節がない
  • 家庭内にも特に問題はない
  • 子供にも十分気を配っている

なのに、落ち着きない行動が解消されない場合は、子供の性格や親の接し方とは別の原因が介在している可能性があります。

 

落ち着きのない子供が一向に改善しない時

 

しかるべき専門機関に相談する必要がでてきます。

 

その場合最初に連想されるのはADHD(注意欠陥多動性障害)です。

  • 集中が続かない不注意
  • じっとしていられない多動性
  • 考えずに行動してしまう衝動性

の3つの症状があります。

 

ADHDは先天性の脳の機能障害とされているもので、躾や育て方が原因で発症することはありません。

 

文科省ではADHDは、年齢に発達に不釣り合いな注意力の欠如や多動性・衝動性が特徴の行動の障害であり、発達障害の1つとしています。

 

 

平均して7歳前後で、このような落ち着きがない症状が目立ってきます。

 

2~3歳のような未就学児童のうちは、診断しにくいため、必要以上に心配する必要はありません。

 

もし、小学校に入学しても不注意・多動性・衝動性が原因と思われる落ち着きない行動が目立つ場合には、ADHDが疑わしくなっていきます。

 

男の子は多動性、女の子なら不注意傾向の強いADHDの子供が多いと言われています。

 

いろいろやってみたけど、どうも落ち着きない行動が治る気配がない…という場合は専門機関への相談がベストです。

 

落ち着きがない子供だったうちの子が集中力アップしたチョー簡単な方法

落ち着きのない子供だった、私の子が改善した簡単な方法を教えます。
落ち着きのない子供を卒業した方法

 

私も、小さい頃は跳ね回るような、やはり落ち着きのない子でしたから、この子もそうなんだろうと思っていました。

 

幼稚園の年長さんから、バレエスタジオに通い始めていました。

 

スタジオは家の近くでしたので、レッスン時間前に送って行き、終わりの時間に迎えに行っていました。

 

スタジオに入ると毎回のように、うちの子は走り回っていました。

 

元気が有り余っているのかしら?

 

楽しかったのかな?

 

なんて思っていました。

 

そのうち、落ち着きがでろうんだろう…なんて思っていました。

 

落ち着きのない子供、そのうち落ち着いてくれる

 

そんなある日、バレエの先生から言われたんです。

 

「ちょっと○○ちゃんは、落ち着きがないかもしれません。

 

自分のお洋服やバッグを片付けないですし、レッスン中も大声でしゃべったり、途中で止めて、他の事を始めたり。」

 

同じ頃、小学校の先生からも「落ち着きがなくて、授業を集中して受けてないんですよ。」と注意されました。

 

そういえば…、家でも大人しく宿題をしているのかと思えば、他の事に夢中になり宿題はそっちのけ。

 

落ち着きなく動き回り、ハラハラドキドキ。

 

何度注意しても分かってくれない。 正直…何度もキレました。

 

旦那、両親、義両親から「しつけちゃんとしてるの? 甘やかしすぎなんじゃないの?」なんて言われる始末…。

 

どうして私ばかり責められるの!?

 

落ち着きのない子供の事で責められるママ

 

どうしてうちの子は落ち着きがないの!?

 

そんな事を思い悩みながら、子供になんとか落ち着きある行動をさせよう、言う事を聞かせようと一生懸命になっていました。

 

いつまでたっても落ち着きない行動が改善しないうちの子。

 

私の育て方が間違っているんだろうか?

 

心身ともにかなりストレスを感じていました。

 

うちの子の落ち着きがないのは個性なんだろうか?

 

それとも…病気なんだろうか?

 

病院に行った方がいいの?

 

誰に相談したらいいの?

 

もう親としてどうしたらよいのかわからないっ!

 

そんな時に、バレエスタジオの先生があることを教えてくれました。

 

実はうちの子が落ち着きがないせいで、数名スタジオを辞めてしまっていました。

 

うちの子を辞めさせればいい事なのですが、どうやら…ちょっとしたバレエの才能があるようで、伸ばしたいと思っていてくれたんです。

 

さっそくワラをもすがる思いでそれを始めてみました。 うちの子も、文句も言わず続けてくれています。

 

バレエの先生が教えてくれたのが…

 

「コドミン」という子供用のサプリメントです。

 

コドミン

 

子供にサプリメント?と最初は戸惑いました。

 

先生が「実は…うちの子も落ち着きがない子でした…。(笑) 病気か個性かなんていろいろ調べていたら、このサプリメント見つけたんです。

 

何もしないでいるよりは試してみようと思って、使い始めたら…あららって感じで落ち着きが良くなったので。 どうかなと思いまして。」と、コドミンを見せてくれて、試しにと数日分を分けてくださいました。

 

バレエの先生の話を信じて、定期コースで購入することに決めました。

 

なぜなら…

  • 初回コースがお得だった
  • 2回目以降もお得
  • 家計の負担にならない程度だった
  • 栄養機能食品
  • モンドセレクションを取っている

 

コドミンの味は、ラムネ味です。

 

うちの子は「美味しい!」って毎日摂ってます。

 

最初の1か月は1日3粒ほどあげていました。 2か月目からは1~2粒です。

 

数ヵ月も経つと…

  • 目に見えて子供の落ち着きがでてきた
  • 忘れ物が少なくなりました
  • 落ち着いて宿題などにも取り組んでいる
  • 仲の良い友達もできた
  • バレエのレッスンも集中している

といった様子を見ることができています。

 

小学校の先生からも「授業中ちゃんと集中できるようになりましたね。 クラスの子達とも仲良くしています。落ち着きが出てきました。」と言われました。

 

コドミンのおかげで…

  • 安心して毎日を過ごしている
  • 子供の笑顔を見て癒されている
  • 家族みんな仲良く暮らしている
  • 旦那とケンカすることがなくなった

落ち着きがない子供 改善してみんな幸せ

 

旦那、両親、義両親も喜んでくれて関係もよくなり、温かい目で見守ってもらっています。

 

娘はもちろんめちゃくちゃかわいがられて、甘やかされています。(笑)

 

ちょっとイメージしてみてください。

 

今のあなたは落ち着きのないお子さんの事でイライラしています。

 

お子さんがコドミンを摂るようになってから、落ち着きがなかったお子さんが落ち着いてきました。

 

あなたのイライラが少なくなってきて、心の余裕が出てきます。

 

そうするといろんな物事が動き出します。 引き寄せ?(笑)

 

お子さんと一緒に何を楽しもうか?

 

家族でどこに行こうか?

 

家族みんなが笑顔で明るくなります。

 

もちろんあなた自身もぱっと花が開いたように明るい表情になり、みんなに優しくなれます。

 

家族みんな、そしてあなたの周りの人達も、幸せになります。

 

コドミンの詳細はこちらを読んでみてください。

 

コドミン公式サイトはこちらです→ https://mpj.jp/

 

子供の遺伝子検査で、子供との向き合い方が変わる!

落ち着きのない子供の遺伝子検査で子供の将来性が分かり、あなたの不安が解消する。
遺伝子検査で子供の将来が分かる

  • 落ち着きのない子供とどう接していけばいいんだろう?
  • どんな才能があるんだろう?
  • 習い事は何をさせたら良いんだろう?

といった不安の解消や、期待のために遺伝子検査を受けるご両親・シングルマザーが増えてきています。

 

あなたも、落ち着きがない、集中力がないとイライラしたり、不安を感じたり、お子さんとの関係がちょっとぎくしゃくしてしまっているかもしれません。

 

遺伝子検査を受けてみませんか?

 

あなたの落ち着きのないお子さんはあなたの知らない才能を秘めているかもしれません。

 

遺伝子検査は今後のお子さんの将来に役立ちますし、何より今お子さんとの向き合い方・育て方に不安を感じているあなたのためになります。

 

「さんタク」、「NEWS ZERO、「おはよう日本」、「いっぷく」といったテレビ番組で紹介された「ジェネティスト」で落ち着きのない子供さんの遺伝子検査を受けてみませんか?

 

遺伝子解析正解率は【99.99%】

 

「ジェネティスト」の詳細はこちら

 

遺伝子検査を申し込むのはこちら → http://www.genetist.jp

 

落ち着きがない子供の集中力をアップする方法

ここでは落ち着きのない子供の集中力をアップする方法について、考えていきたいと思います。
落ち着きがない子供の集中力アップ法

 

子供には勉強も遊びもすぐ飽きてしまう、落ち着きがないタイプの子供もいれば、コツコツと1つのことに打ち込める子もます。

 

個々の子供の集中力には大きな差があります。

 

集中力はとくにに勉強や、大人になってからの仕事をする時に必要になります。

 

育て方や訓練の仕方によっては、小さいうちから伸ばすことも可能です。

 

厳しいスパルタ式や英才教育といった特別なことではありません。

 

日常生活の範囲でできることをすれば良いのです。

 

人の集中力というのは大人でも長くて50分と言われています。

 

ピークの状態では15分程で、15分毎に高くなったり低くなったりします。

 

大人であれば、理性で自制して作業を続けることが出来ます。

 

子供の場合は…

  • 幼児期: 年齢 + 1分位
  • 小学校低学年: 15分位
  • 中学生: 30分位
  • 高校生: 45分位

であるとされています。

 

人として集中力を養いやすいのは、乳児期~7歳ころまでと言われます。

 

落ち着きのない子供 集中力
この時期に集中力をアップさせるための、何らかの方法をとることは非常に大切なことだと言えます。

 

落ち着きのない子の集中力を高めさせたい場合には、徐々に何かに集中する時間を伸ばすトレーニングをすると良いのですが、重要なのは、そのタイミングを見計らうことです。

 

落ち着きがない子供の興味が盛り上がるタイミングと切れるタイミングを見計らい、落ち着きのない子供が興味を持つ度合いを高めていくことが大切です。

 

落ち着きのない子でも、集中を始めると目も耳もその方向に向けられています。

 

切れるとソワソワしたりモゾモゾしたりし始めます。

 

そのようなサインを見逃さないようにしましょう。

 

子供の集中力のサインをキャッチ

 

落ち着きのない子を見ているのがリビングである場合は、必ずテレビを消しましょう。

 

子供部屋で見る場合は、オモチャや絵本等は片付けておく、自分でできる子には自分で片付けさせると、より効果的です。

 

落ち着きのない子供が興味のあるもの、楽しみにしていることがある場合は、遊びを通して集中力を高めていくことも可能です。

 

それはダンスをすることでも砂場でドロ団子を作ることでも、保護者の目が行き届いていて安全が確保されていれば何でも構いません。

 

絵本が好きなのであれば、読み聞かせをしながら落ち着きのない子供に話しかける等の工夫をしてみましょう。

 

落ち着きのない子供は小さいうちは親・保護者である大人に依存しています。

 

大人が一緒に遊んだりサポートをしたりしながら、一緒に参加することも大切です。

 

落ち着きのない小さい子供はとくに好奇心が旺盛です。

 

子供だけで遊んでいると次々に遊びを変えていき、集中力を身に付けることは難しくなります。

 

あなた自身も一緒に楽しみながら、落ち着きのない子の集中力をアップさせていくようにしましょう。

 

落ち着きがない子供、集中力がない子供の参考サイト

Sponsored Link