家の子供は大丈夫?ADHDチェックリスト

近年では発達障害の1つとして、注意欠陥・多動性障害(ADHD)という脳の機能に関わる病気があることが明らかとなり、自分の子供もそうかもしれないと悩む親御さんも増えています。

悩むママ

 

そこでここでは子供がADHDなのかどうかを、チェックするためのセルフチェックリスト等について、お話していきたいと思います。

 

ADHDによる症状は個人により微妙な違いはありますが、次の15項目によって判断出来ると思います。

落ち着きのない子供

  • じっとしていることが苦手で、落ち着きがない
  • 人の話を集中して聞けない
  • 順番を待てずに割る込する
  • 忘れ物・物をなくすことが多い
  • 遊び中に良く怪我をする
  • 時と場所をわきまえずにしゃべり続ける
  • 宿題・課題を最後までできない
  • 授業中に座っていられない・歩き回ってしまう
  • 友達ができない。 集団行動ができない
  • かんしゃくを起こす
  • ちょっかいや邪魔が多い
  • モノゴトを順番立てて行えない
  • 相手の話を最後まで聞かない
  • 約束・スケジュールを忘れる
  • 静かに行動することができない

1〜7個の場合はADHDの可能性は低い。
8個以上の場合はADHDの可能性が高い。

と、言われています。

 

ただし、しこれらのチェックリストは簡単なものですので、ADHDであると決まったわけではありませんので、どうしても気になる場合は専門家の判断を仰いでください。

 

ADHDには不注意型・衝動型・多動型の3タイプがあります。

 

男子の方が女子より3〜5倍程多いとも言われていますが、女子に多いのは不注意型なので、見つかりづらいだけなのではないかという説もあります。

積み木遊びする子供

 

この不注意型が子供の時期には見つかりにくく、他のタイプの症状を伴わないことが多いだけでなく、学力レベルも悪くない子が多いので、もしADHDであったとしても、興味のあることには素晴らしい集中力を発揮する場合もあるそうです。

 

また子供によっては3つのタイプが全部あてはまっていたり、2つのタイプがミックスしている場合もありますので、必ず専門家に相談していただきたいと思います。

 

ADHDを含む発達障害の多くは脳の機能の障害が原因であるとされており、訓練によって多少改善されることはあっても、完全に治ることはありませんので、得意不得意がある場合は、不得意なことを無理に克服させようとせず、得意なことを伸ばしてあげるようサポートしてあげることが大切です。

Sponsored Link

年齢別に見たADHDの症状の現れ方

 

ADHDは不注意・多動性・衝動性の3つの症状が見られる発達障害の1つであり、注意欠陥・多動性障害とも呼ばれていて、子供の20人に1人、成人の40人に1人の割合で発症すると言われています。

 

その症状の特徴のために周囲から誤解され、仕事・学業・日常のコミュニケーションに支障をきたしてしまう場合もあります。

 

しかしADHDは先天的な脳の機能障害が原因の障害ですので、躾や育て方の良し悪しとは関係なく起きる障害なのです。

 

ここではADHDの年齢別の症状の現れ方について、お話していきたいと思います。

 

0歳〜1歳の乳児期

乳幼児

この段階では言語・認知・学習等が未発達です。

 

障害を持っているとしても症状がわかりやすく出ることがないため、ADHDであると診断されることは滅多にありません。

 

しかし大きくなってから振り返ってみると…

  • 中々寝付かない
  • 寝返りばかりをして落ち着きがない
  • 視線が合わない
  • 抱っこを嫌がる

等の症状が出ていた例もあるそうです。

 

ただしこれもあくまでも振り返ってみるとということであり、これらの行動を繰り返す赤ちゃんに、後年必ずADHDの症状が出るというないことも補足しておきたいと思います。

 

1歳〜小学校就学前までの幼児期

幼児期

この時期になりますとハッキリと症状が現れてきて、ADHDと診断されることが多くなると言われています。

 

しかし、他の発達障害の症状と共通する症状もあるため、その診断は決して容易ではないと思われます。

 

具体的な症状としては…

  • 他の子供を叩いて乱暴をする
  • 落ち着きがなくじっとしていられない
  • 我慢が出来ず癇癪を起こしてしまう
  • 物を壊す

など、乱暴で破壊的な遊びを好む、他の発達障害との合併症としての言葉の遅れ等の特徴が見られます。

 

6歳〜12歳の小学校の就学時期

叱られる子供

この時期には症状の現れ方が更に顕著になりADHDと診断される例は更に増えていきます。

 

症状としては…

  • 授業中座って居られずに歩き回る
  • 注意力が散漫で興味の対象が次々変わっていく
  • 忘れ物や失くし物が多い
  • 人に突然話しかけて邪魔をする
  • 逆に話しかけられても上の空のように見える
  • 怒りの感情をコントロール出来ず突発的な行動を起こす
  • 友だちと仲良く出来ずトラブルを起こしやすい
  • 不器用でダンス等をいくら練習しても上達しない
  • 工作が苦手

など、多くの特徴が見られます。

 

授業態度の問題等から問題視され怠けていると誤解されがちになります。

 

12歳〜18歳の思春期の時期

落ち込む子供

この時期になりますと、子供によってはADHDの症状はおさまってくるのですが、今度は学習障害(LD)との合併症状や、対人関係が上手く気付けない等自閉症との合併症が疑われる症状の傾向が見られる場合もあります。

 

  • 親や教師への強い抵抗
  • 友人と上手く付き合えずトラブルになる
  • ルールに従えない
  • 他人と自分との比較からコンプレックスを感じ勉強の意欲や学力が極端に低下する
  • やる気のない投げやりな態度をとる
  • 自分の世界に引きこもりがちになって不注意の特性が強くなり、集団での学習に集中出来ない

などのことから、ひきこもりや不登校等の二次障害が現れる場合もあります。

 

またADHDの治療で薬を服用している場合には、薬を飲みたがらなくなったり、勝手に服用する量を変えてしまうこともあるそうです。

 

18歳以上の成人前から、それ以降の時期
  • 計画を立てたり順序立てて仕事や作業が出来ない
  • 細かいことに気付かずケアレスミスが増える
  • 約束を忘れる
  • 遅刻や締め切りに遅れることが多くなる
  • 片付けが苦手で部屋が乱雑になる
  • 同時に多くの情報が取り入れられず、一度に沢山の指示や長い説明をされると混乱する
  • 何をしても手間がかかり時間がかかる
  • 集中力を要することは後回しになる
  • 読書・ネットサービス・ゲーム等に一度ハマると中々止められず元に戻るのが難しい
  • 長時間座っていることが出来ず手足をムズムズさせている

などの症状が見られます。

ADHD不注意優勢型・

かつてADDと呼ばれていた症状がある場合、現在ではADHDの不注意優勢型として診断されますが、ここでは具体的にはどのような症状が見られるのかご紹介します。

 

不注意優勢型ADHDの主な症状として不注意と衝動性が挙げられます。これらの症状は一見誰にでも起こりうるように思えますが、日常生活に大きな支障をきたすほどの度合いになることをいいます。
不注意
不注意とは注意力が弱く、一定時間集中している状態を保つことが苦手なことです。また、注意力が弱いために物忘れの多さも見られます。

 

・よく物を失くす
・整理整頓ができない
・周囲に気が散って集中できない
・細かいところまで注意が向かない
・いつもボーっとしている

 

これらの症状は脳の前頭前野の働きが関係しています。前頭前野とは、外から入ってきた情報を整理し、保存し、活用する役割があります。不注意の症状がある人は前頭前野の働きが弱いために、言われたことを記憶しておくことが苦手になってしまうのです。

 

 

 

1.多動性-衝動性優勢型
多動と衝動の症状が強く出ているタイプです。次のような特徴が現れることがあります。

 

・落ち着きがなく、授業中などでも構わず歩き回ったり、体を動かしてしまうなど、落ち着いてじっと座っていることが苦手
・衝動が抑えられず、ちょっとしたことでも大声を上げたり、乱暴になったりしてしまい、乱暴な子、反抗的だととらえられやすい
・衝動的に不適切な発言をしたり、自分の話ばかりをする
・全体的にみるとこのタイプは少ないが、男性(男の子)に現れることが多い
2.不注意優勢型
不注意の症状が強く出ているタイプです。次のような特徴が現れることがあります

 

・気が散りやすくて、物事に集中することが苦手
・やりたいこと、好きなことに対してはとても集中して取り組むが切り替えが苦手
・忘れ物や物をなくすことが多く、ぼーっとしているように見えて人の話を聞いているのか分からない
・幼い子どもの頃は、ADHDではなくとも忘れ物が多い人が少なくないため、ADHDと気づかれにくい。不注意の特性は女性(女の子)に現れることが多い。
3.混合型
多動と衝動、不注意の症状が混ざり合って強くでているタイプです。次のような特徴が現れることがあります

 

・多動性-衝動性優勢型と不注意優勢型のどちらの特徴も併せ持っており、どれが強く出るかは人によって異なる
・忘れ物や物をなくすことが多く、じっとしていられず落ち着きがない
・ルールを守ることが苦手で順番を守らない、大声を出すなど衝動的に行動をすることがある

 

これらの分類はアメリカ精神医学会のDSM-4-TRによって規定されたものです。現在でもADHDの分類はこれらの3つのタイプによって分けられることが多いのですが、2013年に出版されたDSM-5においては、新たな診断基準が規定されています。詳しくはADHDの診断方法の章を参照してください。

 

また、ADHDはアスペルガーや自閉症を含む自閉症スペクトラム(ASD)や学習障害(LD)などのほかの発達障害や睡眠障害などと合併することもあります。その場合は上記に挙げた以外の症状が見られる場合もあります。

子供の多動性障害の原因とチェック方法

 

ここでは子供の多動性障害(注意欠陥・多動性障害又はADHD)の原因とチェック方法について、お話していきたいと思います。

 

まずは多動性障害であるかどうかをチェックする方法から、先にお話していこうと思います。

多動性障害チェック法

落ち着きのない子供

  • 常にそわそわしていてジッとしているのが苦手
  • 集中して人の話を聞けない傾向がある
  • きちんと列に並んでいることが出来ずに割り込んだりする
  • 失くし物や忘れ物が多い
  • 遊んでいる時に、よく怪我する
  • TPOをわきまえない発言や行動が多い
  • 宿題や課題をやっていても、途中ですぐに放り出してしまうことが多い
  • 学校での授業中に歩き回ることが多い
  • 集団行動が苦手で友だちが少ない
  • 怒りっぽく癇癪持ち
  • 友人等が何かをやっているのを、しょっちゅう邪魔している
  • 順序立てて何かの物事を行うのが苦手
  • 人の話を最後まで聞かないで答え出したり、行動したりする
  • 大切な幼児や約束を年中忘れている
  • 静かにしているのが苦手で、注意されてばかりいる

ということです。

 

遊ぶ男の子

これらの中で8つ以上に当てはまる場合は、多動性障害である可能性が高いです。

 

勿論必ずしもそうだと決まったわけではありません。

 

素人判断で決めつけるのは早計ですので、あくまで参考データとしてチェックしてみてください。

 

どうしても心配な場合は医療機関を受診させてみてください。

 

その時に、これらのチェック項目でチェックした結果、当てはまる項目が多かったことを伝えると良いでしょう。

 

次に多動性障害の原因についてです。

 

多動性障害の原因

本を読む子供

多動性障害の原因は先天的な脳機能不全によるものだと言われています。

 

遺伝ではないかというのが現時点では有力な説となっていますが、まだハッキリとしたことはわかっていないとのことです。

 

よく言われてような、保護者である大人の躾や育て方が原因なのではありません。

 

但し、これらの要因が症状に影響を与えるケースはあるそうですので注意が必要です。

 

また本人のせいであるということでもありませんので、周囲の人たちの理解と適切な支援が必要となります。

 

ADHDには症状には…

  • 1つのことに集中出来ずにすぐ気が逸れてしまう
  • 逆に好きなことに集中しすぎて中々切り替えられない
  • 忘れ物や失くし物が多い

等の不注意性

 

  • お喋りが止まらない
  • 無意識な身体の動き

等のある多動性

 

  • 感情が上手くコントロール出来ない
  • 自分の発言や行動を上手に制御出来ない

等の傾向のある衝動性

 

の、以上3つのタイプがあります。

 

そしていずれかが優勢に出る症状であったり、混合型と優勢型の混じり合った症状だったりする等、子供によって症状の表れ方は様々です。

 

素人が判断出来ることではありませんので、疑わしい場合は必ず専門の医師の診察を受けさせるようにしてください。

 

親子

ADHDの治療の種類

 

 

ここではADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療の種類について、お話していきたいと思います。

 

ADHDの治療の種類は大きく分けて療育と薬物療法とがあります。

 

ここでは療育の類する治療の種類を中心にお話していこうと思います。

 

療育とはADHDが先天的な脳の機能障害であることもあって、現時点では根本的な完治が難しいとされているため、症状を緩和させるためにとられている方法です。

 

これには社会的な自立を目標とするスキルの習得や、そのための環境を整えるもので、

  • 環境調整
  • ソーシャルスキルトレーニング
  • ペアレントトレーニング

の3つに分けられています。

 

環境調整

ここでいう環境は教育現場や家庭の環境のことを示しています。

 

これは具体的には…

  • 集中するのが難しい子の机の周りには玩具や無駄な刺激物等を置かない
  • 片付けが苦手な子が自分の玩具を元の位置に戻しやすくするため玩具箱を工夫する
  • 視覚過敏の子のために照明を工夫する

等、文字通り子供が気持ちよく過ごせるよう環境を調整してすることを通して、子供が自信を持ち良い部分を伸ばしやすくすることを目的とした療法です。

 

ソーシャルスキルトレーニング(SST)

これはADHDと一言でいっても実際には様々な特性を持ち症状が現れる個人個人のために、社会や生活の中で適切に行動出来るようにトレーニングをしていく療法です。

 

対人関係を上手く行なっていくための社会的技能を身に付けるのが目的のトレーニングを、紙芝居や遊びを用いたロールプレイ等を通じて行なっていきます。

 

ペアレントトレーニング

これは文字通り保護者側のADHDの症状のある子供との関わり方や、子育ての工夫の仕方を学ぶためのプログラムになります。

 

具体的には…

  • 子供が間違ったことをした際の適切な注意の仕方
  • 適切に行動出来るように仕向けるためのアドバイスの仕方
  • 子供の自己肯定感を育む誉め方

等、子どもとの接し方のコツを中心に学んでいきます。

 

以上のような療育を受けることの出来るのは発達障害治療専門の病院や、公立や民間の児童発達支援事業所等となっており、このような場所に通うことで、親子で共に子供の良いところを磨いていくことが出来るようになっているのです。

 

 

一方薬物療法についてですが、これはもちろん薬物の投与によって治療を行なっていく方法です。

 

まずストラテラとアトモキセチンという薬については、その効果が服薬している間しか続きませんので、医師と相談しながら服用させていく必要があります。

 

次にノルアドレナリン再吸込阻害薬(NRI)という薬については、効き目が現れるまでに約1ヶ月程かかりますが、効果は24時間続くと言われている薬となっています。

 

ただし食欲不振の副作用が出る可能性があります。

 

最後にコンサータ(メチルフェニデート)という薬についてですが、これは中枢神経に働きかけて、ドーパミンやノルアドレナリンの調節をする働きを持っています。

 

服用後2時間程経つ頃に効果が現れ始め、約12時間ほど効果が持続します。

 

やはり頭痛・寝付けない・食欲不振になる等の副作用の起きる可能性があるので、それを了承して服用させる必要があります。

 

 

落ち着きがない子供のためのサプリメント「コドミン」試してみませんか?

ADHDの子供たちへのNGワード

 

 

ここでは、ADHDの子供たちに言ってはいけない言葉=NGワードについてお話していきたいと思います。

 

このような言葉はここであげるものよりも多いのかもしれません。

 

全てあげるのはできませんので…(;^_^A アセアセ

 

あくまでもほんの一部を1つの例としてあげておきたいと思います。

 

「(とにかく)気を付けなさい!」

叱られる子供

このように具体的に何に気を付ければいいのかを言わずに、ただ気を付けろと言われても子供は混乱するばかりです。

 

全神経を集中させて必死に気を付けていても、どうしても抜けてしまうのがADHDの症状です。

 

何に気を付ければいいのかという、リスクを回避する方法を一緒に考えてあげることが大切です。

 

「失敗は誰にでもある、誰にでも有り得ることだ」

いじける子供

この言葉は健常者になら当てはまるかもしれません。

 

しかし、ADHDの場合は失敗の大きさと失敗をする頻度が健常者とはまるで規模が違います。

 

そもそも健常者のように、ウッカリしているから失敗をする訳ではないからです。

 

ADHDの子供たちは全力で気を付けたいと思っているのに、日常生活や学校生活の中で失敗を繰り返し、生活の支障をきたしてしまうことでいつも大きな苦しみを味わっています。

 

ですから励ますつもりで失敗は誰にでも有り得ることだと言ってしまいますと、子供は自分の悩みを軽く思われていると感じて深く傷付き、どうしていつも自分だけ上手く出来ないのか、未だまだ努力が足りないのかと、ますます悩みを深くしてしまいますので、ADHDのお子さんには、決してこのような言葉はかけないようにしましょう。

 

「何で出来ないの!」

どうしてできないの?と叱るママ

何かが出来ない理由を考えるのは健常な子供でも難しいことなのに、同じことをADHDの子供に考えさせるのは更に酷なことになってしまいます。

 

失敗の原因を考え工夫をすること自体は大切なことです。

 

しかし、問い詰めるような調子で言ったり、怒鳴るように怒ることは、ますます子供の自尊心を低下させてしまいます。

 

自分が失敗ばかりしている、何も出来ないダメな人間だと思い込むネガティブ思考が強くなって、自信をなくしてしまいかねません。

 

何より子供にキレるというのは、決してとってはいけない態度です。

 

努力が足りないなどの指摘

言い方は特定しませんが、努力が足りないことや甘えていることを子供に対して指摘してしまうことです。

 

ADHDの子供は忘れ物や遅刻が多かったり宿題を先延ばしにしてしまうなど、ただ怠けているように見えてしまうとしても、実際は努力が出来ないことや頑張りたくても頑張れないこと、集中出来ずに気が散ってしまうことで辛い思いをしています。

 

子供に甘くする必要はありませんが、どうすれば努力出来るようになるのかを一緒に考えてあげることが大切です。

 

「障害のある子に産んでごめんなさい」

子供をはぐするママ

と謝ってしまうことです。

 

ADHDは遺伝にも関連した障害です。

 

親として責任を感じてしまうこともあるかもしれませんが、子供は自分に引け目を感じてしまっているからこそ、殊に母親には自分を産んで良かったと思って欲しがっている筈です。

 

「生まれてきてくれてありがとう」と言って欲しいと思っている筈です。

 

何らかの障害を持っていますと、特に子供は健常な子供以上に多くのつまずきを経験し、何もかも嫌になる感覚を数えきれないほど味わっています。

 

自分が大事にされ愛され、皆から必要とされていると感じることで、気持ちをアップさせることが出来るのではないかと思うのです。