ADHDの治療の種類

ここではADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療の種類について、お話していきたいと思います。

 

ADHDの治療の種類は大きく分けて療育と薬物療法とがあります。

 

ここでは療育の類する治療の種類を中心にお話していこうと思います。

 

療育とはADHDが先天的な脳の機能障害であることもあって、現時点では根本的な完治が難しいとされているため、症状を緩和させるためにとられている方法です。

 

これには社会的な自立を目標とするスキルの習得や、そのための環境を整えるもので、

  • 環境調整
  • ソーシャルスキルトレーニング
  • ペアレントトレーニング

の3つに分けられています。

 

環境調整

ここでいう環境は教育現場や家庭の環境のことを示しています。

 

これは具体的には…

  • 集中するのが難しい子の机の周りには玩具や無駄な刺激物等を置かない
  • 片付けが苦手な子が自分の玩具を元の位置に戻しやすくするため玩具箱を工夫する
  • 視覚過敏の子のために照明を工夫する

等、文字通り子供が気持ちよく過ごせるよう環境を調整してすることを通して、子供が自信を持ち良い部分を伸ばしやすくすることを目的とした療法です。

 

ソーシャルスキルトレーニング(SST)

これはADHDと一言でいっても実際には様々な特性を持ち症状が現れる個人個人のために、社会や生活の中で適切に行動出来るようにトレーニングをしていく療法です。

 

対人関係を上手く行なっていくための社会的技能を身に付けるのが目的のトレーニングを、紙芝居や遊びを用いたロールプレイ等を通じて行なっていきます。

 

ペアレントトレーニング

これは文字通り保護者側のADHDの症状のある子供との関わり方や、子育ての工夫の仕方を学ぶためのプログラムになります。

 

具体的には…

  • 子供が間違ったことをした際の適切な注意の仕方
  • 適切に行動出来るように仕向けるためのアドバイスの仕方
  • 子供の自己肯定感を育む誉め方

等、子どもとの接し方のコツを中心に学んでいきます。

 

以上のような療育を受けることの出来るのは発達障害治療専門の病院や、公立や民間の児童発達支援事業所等となっており、このような場所に通うことで、親子で共に子供の良いところを磨いていくことが出来るようになっているのです。

 

 

一方薬物療法についてですが、これはもちろん薬物の投与によって治療を行なっていく方法です。

 

まずストラテラとアトモキセチンという薬については、その効果が服薬している間しか続きませんので、医師と相談しながら服用させていく必要があります。

 

次にノルアドレナリン再吸込阻害薬(NRI)という薬については、効き目が現れるまでに約1ヶ月程かかりますが、効果は24時間続くと言われている薬となっています。

 

ただし食欲不振の副作用が出る可能性があります。

 

最後にコンサータ(メチルフェニデート)という薬についてですが、これは中枢神経に働きかけて、ドーパミンやノルアドレナリンの調節をする働きを持っています。

 

服用後2時間程経つ頃に効果が現れ始め、約12時間ほど効果が持続します。

 

やはり頭痛・寝付けない・食欲不振になる等の副作用の起きる可能性があるので、それを了承して服用させる必要があります。

 

 

落ち着きがない子供のためのサプリメント「コドミン」試してみませんか?